たちばなやについて

 32歳のときにマクロビオティックに出会い、大衝撃を受けました。自然な流れのまま生き方を方向転換。ふと気がつくと子ども達をはじめ家族全員健康的になっていました。

 

ついに美容関係の仕事も辞め、命と向き合うべく、手作り饅頭と自然食品の店『たちばな屋』を青森市新町に開店。その後、新町のたちばなやは手狭になったため、平成6年に青森市栄町に移転。  そして平成21年、青森市緑2丁目に『たちばなや(緑店)』をオープンし、

『たちばなや(栄町店)』と共に営業を開始しました。

 

『ほんもの食品・たちばなや』とマクロビオティック料理教室『リマ・クッキング青森教室』を主宰。食の改善による社会改革に取り組み、今に至っています。

ご挨拶

 たちばなやでは25年以上に亘り本物のマクロビオティックを追求して参りました。創業当初はマクロビオティックが認知されていなかったため様々な苦労もありましたが、みなさまに支えられてここまで続けてくることができました。

  新聞や雑誌、テレビやラジオ、インターネットなどでマクロビオティックが紹介されてから爆発的な速度で知られるようになり、今ではお問い合せや料理教室・講演依頼等をいただくようになりました。

 

たちばなやはお客様本位の理念のもと、これまでの実績と経験に基づいてお客様に最新で正しい知識と実践方法をお伝えし、健康で楽しいマクロビオティック生活を送るためのお手伝いをさせていただければと思っております。

 『マクロビオティックのことならたちばなや』と思っていただけるようにこれからも努力して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします。

沿革

1987年(昭和62年)   玄米に出会う
1990年(平成2年)  
青森市新町に『たちばな屋』開店
1994年(平成6年)  

青森市栄町に移転

同年

 

桜沢里真先生より認定証をいただき、

リマ・クッキングスクール青森校開設

2007年(平成19年)  

陸奥新報にマクロビオティック特集として1年間のシリーズで料理と解説を毎月連載