ほっと、ひと安心、ふた安心

ある知人の2歳の子。

長い間セキに悩まされ、数日前からは高熱に。

 

昨日、たまたまその場面に出くわし手当のお手伝いをすることに。

想像以上につらそうな様子にドッキリしたのですが、とにかくやれることをやるしかなく・・・

自分の子を手当した時と違い、不憫さと責任感で胸が締め付けられるようでした。

 

その数分後、それまで身体のやり場がなくグズッていた子がスースー眠った時には

本当にホッとしました。

 

今日も様子を見にいったら元気になっていて、またまたホッ!

 

子供の持ってるエネルギーって大したものです!